FC2ブログ

〜 香りの図書館 〜

Paris
01 /17 2020

Palais Royal-Serge Lutens

3BEC0786-276A-4CB3-8BEA-4A41F8B13AD9.jpeg

LES SALON DU PALAIS ROYAL SHISEIDO 

レ・サロン・デュ・パレ・ロワイヤル・資生堂

25rue de Vallois,

75001 Paris




ファッションの都パリでの楽しみの一つにショッピングがありますが、今ではほとんどのものが日本で手に入るので、珍しい日本未発売の品を見つけることは大変です。


ルーブル美術館近くのパレ・ロワイヤルの廻廊に、香りの図書館『セルジュ・ルタンス』があります。重厚なドアの奥に広がるモーブ色でまとめられた19世紀風の店内の壁には月や星、植物、昆虫が描かれ、ずらりと並んだ釣鐘型の美しいボトルにセルジュ・ルタンス氏のミステリアスな美学が詰まっています。




6F371D63-9813-48C2-A27F-40C2983028C0.jpeg




パレ・ロワイヤル・パリ本店のみで販売されている、釣鐘型のボトルに入ったコレクションは『パリ限定』(この言葉に弱い)で、「ボルネオ1834」「トルコの喫煙所」「森の蜂蜜」「罪つくりな月下香」...など、彼によって命名された、独創的な香りの名前はまるで物語のタイトルのようで、次から次へとページを繰りたくなります。



その中のひとつROSE DE NUIT/ローズ ドゥ ニュイ』(夜の薔薇)は、トルコローズを中心としたオリエンタルな香りで、アンバームスクサイプレスが大人の女性のしなやかさを表現していて、子供には使いこなせない、冷たささえ感じさせる究極の香りです。




憧れの山口小夜子さんを憶いだす

ちょっとハードルの高い

香りではあるけれど...


le 17 janvier 2020 à Paris.



5A26DCB0-5AC3-40E4-813F-0D6EBACEB7A5.jpeg



Instagram TOKYOPARIS Writer's Lifeでは

動画やParisでの日常を配信しています

気軽にフォローしてください!!

http://www.instagram.com/

コメント

非公開コメント

INABA-AKIKO

糸を紡いで美しい布を織るように、やさしい言葉で紡いだ文章は、読む人の心をやわらかく包みます 〜 Aroma・Classic・Mode・Paris ・Book 〜